高級珍味からすみに、唐津の塩「一の塩」と地酒「聚楽太閤 大吟醸」を使用したからすみ専門店 唐津海。

究極の美味しさを追求―唐津海独自の製法で生まれた本からすみ

唐津から発信される高級本からすみ・新食感からすみ!

唐津・五島・平戸・大分・宮崎でとれた沖ボラの真子、自然海塩「一の塩」、地酒の最高級酒「聚楽太閤大吟醸」、これらの素材をたっぷりと使用しました。 原料と素材にこだわり、製法に工夫を凝らし、一本一本手作りで完成までに2~3週間かけ丹精込めて作りあげだ逸品ぜひ大切な人のおもてなしや贈り物にご利用下さい。

→もっと詳しく「唐津海の製法・素材へのこだわり」はこちら写真:からすみ商品

写真:唐津から発信される高級本からすみ・新食感からすみ!

からすみ命名物語(からすみ命名の一説)

唐墨(からすみ)という名前の由来には、その一説として、時の天下人太閤秀吉にまつわるエピソードがあります。
太閤秀吉が朝鮮出兵のため、名護屋城を築城し陣をかまえた際、ある魚の卵巣をまるごと塩漬けにして、天日干しした大変珍しい食材を献上されました。
太閤殿下はその食材を大変お気に召しあそばされ、食材の名前をお尋ねになられましたが、ちまたで流通する一般的な名称がありませんでした。
そこで、その形が「唐(中国)」の"墨"に似ていたことから「唐墨」と名付けられたということです。

※このお話は、逸話として伝わる一説です。

イメージ:太閤秀吉

5,000円以上のお買い上げで送料は唐津海が負担致します!

このページの上へ